トレードは無感情でするべき|バイナリーオプションとFXで稼ぐ副業

バイナリーオプションとFXで稼ぐ副業

バイナリーオプションやFXを副業向けに勝つノウハウの実践検証を行います。かつて株ブログだったものを長らく放置していましたがまた更新しています。昔の記事が残っていてやや不自然かもしれませんが徐々に整理しようと思います。

トレードは無感情でするべき

バイナリーオプションに関する
勘違いしそうな事例と考察について語ります。


バイナリーオプションですが、
最近何故か絶好調です。


神が舞い降りたか!?というレベルです。


ラッシュでは60秒バイナリーの練習をしつつ
FXTFでは逆張りハイローでトレードしてますが、
これがかなり好調です。



バイナリーオプションは
期待収支に対する分散がとても大きいので特に勘違いしがちです。


まずは昨日の結果ですが・・

こんな感じです


全勝でした

出来過ぎですねw


つーかロンナル(FXTF)に戻ってから1引き分け全勝の権利放棄ゼロで一回も負けてません。


そもそも勝率の高いロジックで無ければそこまで勝ち続けられないので
まあまあ良いところでエントリーは出来てるような気がします。


ここで自分神トレーダー?的な勘違いをしてはいけません。


所詮は確率の問題ですので調子に乗らない事は重要ですが、
状況を正確に捉える事は必要です。


勝率60%が9連勝する確率は 
大体1.5%ってところです。


勝率70%が9連勝する確率は

大体4%ってとこですね


頻繁に9連勝出来るようなら
まあまあ強めのトレードロジックって事です。


この辺は無感情に考えて数値で判断する必要があります。


勝ってる事を過度に必然視も偶然視もするべきではありません
負けてる事も過度に偶然視も必然視もするべきではありません



要するに勝とうが負けようが淡々とやるだけですが、
これが案外難しいのです。


自己評価の低い人は
大きく連勝すると過度に警戒してタイトなエントリーになります。


自己評価の高い人は
大きく連勝すると調子に乗ってルーズになります。


感情論でいうのであればこういった事は起こりがちで、
どうしても勝てば強気になるし負ければ弱気になります。


過度に弱気になっても過度に強気になっても
その理由が論理的でない場合は
トレードに好影響は与えないでしょう。


私は元々パチプロ時代がありましたが、
パチンコでもスロットでも何をやっても勝つみたいな状況がたまにあります。


それをビクトリーシーズンなんて呼んだりします。


もちろん偶然ですよ。
狙って出来るなら立ち回らないし
戦略を練ったりしません。


その間は勝ってるからといって適当に打ったりしてる訳で、
期待値的にはマイナスという事は良くあります。


ポーカーではこういった感情のブレによって判断が狂う事、
そしてそれが大きくなってる状況をティルトなんていいます。
単純に和訳すると【傾く】です。


どんなマネーゲームでもそれは良く無い事とされています。
判断を論理以外の要素で捻じ曲げてはいけません。


あなたのトレードが勝ってる、
負けてるといった結果によって左右されてる事は問題です。


たとえば勝つ度に掛け金を増やすという
そういったやり方が良くないのはここにも要因があります。


勝ち続けてる時はいいですが、
負けた時に失うお金は基本的に一連のトレードの中で一番大きな負け額になります。


そうなった時にあなたが平静を保てるかどうかです。


5%なら5%の賭け額を徹底的に守れるのならやってもいいでしょうが、
多くのトレーダーには無理だと思います。


セッション単位では賭け額は変更すべきではありません。
もっと詳しく言うと賭け額のルールはなるべく変更しない方がいいです。


事前にルールが決まっているのなら構いません。
マーチンゲールも事前にルールが決まっていれば特に問題ありません。


あなたが天才なのであれば
この辺自由裁量でも特に問題はありません。


ですが、大体の場合は天才では無いと思います。
私もとてもじゃないが天才ではありませんので、
ある程度のガイドラインに沿ってトレードしています。


感情を完全にコントロールする事は不可能です。
感情的にトレードルールを変える事は
コントロール出来ない要素にお金を預けてるようなものです。


単純なコインフリップにお金を賭けられますか?


いえむしろコインフリップの方がマシです。
何故ならば人間の本能はトレードでは負けるように出来ていますから。


感情的なトレードをするのならば無裁量の方がまだマシな勝率になります。


トレードは無感情でするべきです。


私もイライラしがちなので偉そうな事は言えませんがw
自分の性格を理解しているからこそ
他の仕事をしつつテキトーにチャンスを伺うようにしています。


チャンスの少ない為替相場をガン見して
トレードに入り込む事自体感情的な行為だと思いますので。



ちなみに夕べのトレードポイントですが


ユロドル逆張り夜



こんな感じの通貨が多い状況だったので
10分ずれてる3通貨を全て逆張りで入りました。


急騰してる時の逆張りを狙うのはそんなに強いルールではありませんが、


急騰後のフラッグ(要はもみ合い)⇒反転(この場合は反落)


を狙うのは割と勝率の高いトレードルールです。
結果もそれなりに分散させる為に通貨と時間を変えて3本入ってます。


3本中2本勝てば余裕でOKです。


今回は・・て事では無く、毎回このパターンで入って、
アベレージでその位勝てば充分ですって事です。


ペイアウトも85%を狙ってるので
ブレイクイーブンも55%あれば充分です。



このペイアウトの高さがFXTFの魅力ですね。
私はロンナルフォレックスを使っています。


トリガーバイナリーはこういった状況でもシグナルが鳴るのでとても便利です。


【大好評】トリガーバイナリー - Trigger Binary



それでは長文読んで頂きありがとうございます。


参考になったらクリックお願いします。



FXバイナリーオプション ブログランキングへ




にほんブログ村 為替ブログ バイナリーオプションへ
にほんブログ村
2012年12月11日| コメント:0トラックバック:0Edit

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Copyright © バイナリーオプションとFXで稼ぐ副業 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます