全世界株安|バイナリーオプションとFXで稼ぐ副業

バイナリーオプションとFXで稼ぐ副業

バイナリーオプションやFXを副業向けに勝つノウハウの実践検証を行います。かつて株ブログだったものを長らく放置していましたがまた更新しています。昔の記事が残っていてやや不自然かもしれませんが徐々に整理しようと思います。

全世界株安

 
5e7bfc56.bmp

こんばんは  瞬です。

本日日中は更新できなかったので
ちょっと長めに書きます。



今日の東京株式市場ですが日経平均の方は軟調でした・・・・
日興の件だとかただの高値警戒感の台頭だとか色々と言われていますが
ディフェンシブセクターはそれなりに物色されており売買代金が細ってる訳でも
無くまあここらで調整が入ってもおかしく無いところでした。


一部銀行などを除けば下がって押し目買いの入る底固い相場だったと
言えるかと思います。

全体相場に関してはもう少し押し目があるかもしれませんし
すぐに回復してしまうかもしれません。
どちらにどう転んでも対処出来るようにリスクヘッジなどは
常に考えておきましょう。

これを書いてる時点でNYダウが180ドル以上の大幅な
下げになっています。
欧州市場も全面安状態でこちらも恐らく回復しないと思います。
為替も円高に進む可能性があり日本株もこれらの影響は免れないでしょう。

不安に感じてる方も多いかと思いますが、最近始めた方はともかくとして
ある程度経験のあるトレーダーの皆さんはこんな状況を既に経験している
はずです。

いわゆる量的緩和解除・ライブドアの一件、NY株の大幅下落を
引き金にした日本株大暴落と去年二度ありました大幅な下げ相場です。

私個人はいわゆるライブドアショックと言われた下げの日はダイナシティを
結構な数、現金枠同等に信用買い建てで持ち越ししていました。
他の銘柄も信用買いで大量保有しておりました。
ダイナシティに関してはもちろんストップ安でしたが大して動じなかった事を
覚えています。

何故動じなかったのか
私は自分自身の事に関しては起こってしまった事や確率の低い事に
神経質になり持ち越しのリスクなどを語る趣味はありません。
我々はザラバが開いている時にしかポジションを触れないので
その時に自分が最善と思える対処をすれば良いと思っています。

話を戻しますとその時は当然ダメージは大きかったのですが新興市場などが
急反発した事もあってストップ安で拘束された信用枠を使わずに損失を全て
埋めてかつ短期で資金を倍増させる事に成功しました。
もしも気持ちで負けていたらその時はどうなっていただろうかと
今でも思います。

顧客の資金を預かるファンドマネージャーでもしているのならばオプションの
プット等を使ってみたり運用内容自体を高利回り債権や高利回り通貨などを
中心にポートフォリオを組んで安全性にも配慮するのでしょうが・・・・

常に強気でいろと言う訳ではありませんが、自分が出来る最善を考えて
目の前の事実と向き合う勇気と実行力を持って相場に取り組めば
良しにせよ悪しきにせよなんらかのカタチで結果はついてきます。

この先世界の株式市場がどう動くのかまだ予想出来ませんが
短期的には下げる可能性が非常に高いと思いますので
最低限のリスク管理はしておきましょうね。
大事なのは次にどうなるか、どうするかですからね。

思惑だけでその場に踏み止まるのなら安値売りになってしまう事も覚悟で
素早く逃げましょう。
踏ん切りがつかない人は冷静な内に注文を出してしまうのも
良いかもしれません。
株式市場はきっかけ一つで大きく動くので下げるなら下がる流れについて
いけば下げ相場でも大きな利益が取れます。

下げ相場での利益の取り方を覚えてしまえば相場では恐いもの
無しになりますよ

注目銘柄

カバードワラント日経平均他

株式ではありませんけれどデリバリティブの一種として紹介しておきます。
一部のネット証券でしか取り扱いがありませんが
Eトレード証券・カブドットコム証券・楽天証券・松井証券で取り扱っています。
Eトレードなどでしたら23時55分まで買えます。
NYはギャップが空きにくい市場なので23時30分などのスタートから
ヤバい雰囲気の時には日経のプットなどである程度のリスク分散が
出来ます。
逆に大幅高の雰囲気の時にも買いで入れますのでツボにはまると
面白いように利益が取れます。

よりボラティリティのある個別銘柄を使っても良いでしょう。
4755楽天や8701Eトレード証券などの新興市場銘柄もありますので
株がストップ高した時にワラントのコールを買うなどの裏業もあります。
上手くギャップアップした時の利益率は株式の比ではありません。
その分リスクも大きいのですが、投資手法の幅を広げる意味では
買える状態にはしておくと良いでしょう。
大抵の方が口座を持っているEトレードが無難だと思います。

バナー(グレー)←クリックお願いします

2007年02月28日| コメント:9トラックバック:0Edit

トラックバックURL

コメント一覧

    • 1. デュクロ
    • 2007年02月28日 12:21
    • 今日の記事は、とても興味深く読ませていただきました。確かに、私達は、ザラバが開いている時にしかポジションをとることができません。その時に自分が最善と思える行動をとることが重要ですよね。1つ質問ですが、「下げ相場での利益の取り方」とは、個別では空売りのことでしょうか?
    • 2. piyo
    • 2007年02月28日 13:32
    • ドルも正念場です。
      日足、週足、月足のテクニカルポイントが
      180.00-180.50近辺に集中しております。

      ワラントはまだ理解できていません。
      225OPも同様で、どんな状態のときに、
      どっちの「売り」「買い」をすべきかさっぱりです。

      少しずつ勉強して、取り戻したいです。
      いまはIPO応募ばかりのpiyoでした。
    • 3. 瞬
    • 2007年02月28日 15:18
    • デュクロさん>単純に言うとそれしかないのですけどね。他にも下げ相場では買いで入るにしても上げ相場の時とは違った手法になります。そもそもデイトレードの考え方は下げ相場でもリスクを限定して利益を取る為に考案された手法と聞きます。

      piyoさん>株式市場は下がる時の方が早い性質があるのでオプション取引の類はプットを上手く使うのが基本と思います。個別株のオプションは日本にはありませんが指数にしても、買いならばリスクを限定出来るので信用取引よりもある意味安全と思います。
      利益になる確率は低いので取り扱いは注意ですけどね
    • 4. ふみ
    • 2007年02月28日 18:07
    • 昨夜ダウが暴落している時にこのブログを読みました。持ち株はすべて外して様子見してます。
      ソフトバンクの含み益のおかげで大きな傷にならずに
      すみました。本当に感謝です。
      いつもならば我慢して大きく損をしてしまうのですが
      今回は落ち着いて対処できました。
      メルマガはどうも迷惑メールに入ってしまうようです。これからもこのように参考になる記事を期待してます。
    • 5. ダイスケ
    • 2007年02月28日 18:43
    • 5 ソフトバンクの含み益はかなり減って利確しましたが
      この大暴落でも損してないのは瞬さんに感謝です☆
      ワラントには前々から興味がありましたので
      記事を楽しみにしてます(^v^)
    • 6. りしゃーる
    • 2007年02月28日 19:04
    • 5 日本市場は騰がってるのにNYはモタモタと
      下がってる状態からブラックマンデーの時を
      思い出していやな予感はしておりました。
      このような時はやはりしっかりした銘柄ではくては
      怖いですね。リスクヘッジとして夜にも対応できる
      ワラントなどはこれからの投資には必須となるのでは
      と思います。
    • 7. izu
    • 2007年02月28日 19:12
    • いつも楽しく拝見させて頂いてます。
      このような暴落の時にどのような銘柄を
      紹介しているかでそのサイトの実力が判ると
      思いますね。SBも関西電力もこの地合で
      しっかりしてました。
      地合の良い時などはどんな銘柄を買っても
      上がりますから(笑)
      地合の悪い非常時にどんな対応をしてくれるかで
      そのサイトの評価が決まります。

    • 8. 瞬
    • 2007年02月28日 23:25
    • 5 皆さんコメントありがとう!
      外部環境による地合い悪化に強い銘柄などを考えるに、キーワードは内需・好需給・ディフェンシブセクター・配当利回りなどになると思います。
      例えば9984ソフトバンクでしたら本日相当数のショートカバーと新規の売りがぶつかり合い、反発狙いの買いを巻き込んで一相場あったのだと思います。
      千代田加工建設やNTTドコモなども取り組みはいいので意外と底固いかと思います。
      油断は禁物ですけれど^^;
    • 9. 瞬
    • 2007年02月28日 23:31
    • カバードワラントですが、興味ある方も多いのでしょうかね?
      FXのようにスプレッドが存在し、それが銘柄によっては凄まじく大きかったりするなどとイニシャルコストが高いので注意が必要です。
      ただツボにはまった時の利益率は素晴らしいものがあり、損失が投資金額に限定されるのも魅力かと思います。
      掛け捨て保険のような使い方も出来ますのでオプションは敷居が高いという方にもお勧めですね。
      要望が多いようでしたら少しづつ記事にしてみますんでお楽しみに〜

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Copyright © バイナリーオプションとFXで稼ぐ副業 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます