バイナリーオプションとFXで稼ぐ副業

バイナリーオプションとFXで稼ぐ副業

バイナリーオプションやFXを副業向けに勝つノウハウの実践検証を行います。かつて株ブログだったものを長らく放置していましたがまた更新しています。昔の記事が残っていてやや不自然かもしれませんが徐々に整理しようと思います。

注目銘柄など

 

寒椿みなさん本日の相場はどうでしたか

相場環境的には日経平均は小動き
新興市場は全体的には軟調なものの
4755楽天を初めとし、2389オプト
8697大証、9441ベルパーク
3715ドワンゴなどあちらこちらで局地戦が行われていましたね。

来週以降どうなるか分かりませんが新興市場の比較的大きめの銘柄が
元気だと全体に波及する可能性もあるかと思います。

簡単な注目銘柄です。決して買い推奨ではありませんのでよろしくです。

9446エスケーアイ

ソフトバンクのボーダフォン買収騒ぎの際にベルパークと共に物色された
経緯ありです。似たような業種で業績好調なんではと予想しております。
チャート的には過熱感も無くちょっと買って放置するのも面白いかも
しれませんね。

ただ出来高が少なすぎです

8株って・・

8473SBI

チャート的にいい感じというかこれから上に動き始めたら良い感じになりそう
です。金融関連は手がけづらい一面も持っていますがチャンスでもあると
思います。

8697大証

あちらこちらで話題の株となっています。
とうとうヘラクレスで時価総額ナンバーワンになったようですね。
その割りには流動性がイマイチのような気がするのですが・・・・
世界の証券取引所の提携や再編はこれからも注目度が増してくると
思いますので。新興市場でも注目度ナンバーワンです

←クリックお願いします。

コメント:2トラックバック:0Edit

株式リスクマネージメントについて

 
179599c6.jpg

まず個人投資家で今のところ最も人気のあるのが株式の短期売買ですが

上手くいかない人のパターンって色々ありますが多くの場合は

 

エントリー&エグジットのタイミングや銘柄のチョイスだと思います。
精神的な問題や技術の問題など色々ありますけれど、タイミングに関して    言うならば訓練で必ずある程度以上のレベルにはなれると思うのです。

そうして上手くなったトレーダーはそこそこ利益を上げていく訳ですがそういった人が退場になるパターンがいくつかあります。

1つに大量保有株式の突然の悪材料からの大暴落にて即死。
2つにほとんど同じなのですが、全体相場の大下落による
 
ポジション評価損にて即死。

新興市場などで大きな利益を上げた投資家が即死するケースは大半が
上記2点ですね。
後者は実際にはそれ程即死ではないのですが、一番多いパターンかと
思います。

これらはある程度推測で防げるモノと事故だろこれはってモノがあります。
我々の生活でも自動車や電車に乗っていてどんなに安全運転をしていても
理不尽なもらい事故の可能性はゼロではなく常に有り得る話です。
だからと言って危険だから刃物も道具も使いませんでは我々の生活も
成り立たないのである程度のリスク管理は必要になる訳です。

まあ投資活動の場合は

あくまで余剰資金を投入する・投資資金を自己制限する。

投機的な行動を控える、安全な投資商品を選択する
などが準備段階での一般的なリスク管理でしょう。

投資活動の管理運用上のリスク管理でしたら
ポジションの取り方、管理、資金投入の範囲、レバレッジの管理など
考えるべき部分は無限にあります。


個人投資家はリスクに関してもっともっと知識を身につけ、それに基づいた
資産管理をしていくべきと思います。
その知識の段階で多くの個人投資家は恐ろしい勘違いをしてるケースが
思いの他多いのです。

一般的に多く語られる投資・投機のリスク度を簡単にランキング分けるすると・・

☆リスキー  先物・オプション取引 商品先物取引ワラントなど
         いわゆるデリバティブ取引外国為替証拠金取引 
         国内株式取引 外国株式取引 など株式系
         不動産投信・REIT・投資信託など                                         
☆セーフティ  国債・外貨・公社債など債権系

まあ大雑把に挙げてるだけなので異論があってもあまりムキにならないで
下さいね。

私個人は上記に関して概ね異論は無いのですが、はっきり言ってしまえば
ある意味間違っています。

私が考える最も危険な投資活動は多くの個人投資家による証券投資行動です。何故ならば一般的な雑誌やメディアによる投資活動の定義と実際に投資活動を行っている個人投資家の行動には大きな隔たりがあるからです。

そんなリスクに関して今後も記事にしていきたいと思っていますので
今後ともよろしくお願い致します。 

コメント:4トラックバック:1Edit

相場概況と精神論

 

0337bae4.jpg本日の市況ですが、日経平均単体で見るならば結構な下げになっています。

25日線のサポートがあり売買代金もそれ程細ってないので市場関係者の間では適度な調整と受け止められてる事ではないでしょうか。

為替は円安で外部環境はそれなりに好調です。日本市場においては裁定買い残を気にする声をあちらこちらで飛び交ってますが、トレーディングにおいてはあまり気にする事はありません。

下がった理由、騰がった理由、これから下がる・騰がる理由等は気にしない方がむしろ上手く行くと思います。

具体的な例を挙げるならば、去年の春の大暴落の時・・・・・・

下がる理由分からん、一時的な調整だから我慢だ我慢。

日本経済は好調だ。

あちらこちらで聞かれた話ですね。

みなさんはファンダメンタルトトカルチョをやってる訳じゃーありませんよね

 目の前の事実が大事。

 株ははっきりいって何が原因で突然下がるか

解りませんので常に注意しておくのが当たり前

ですからそこに理由を求めてはいけません

その理由にあてはまる状況では無い時、もしくは危険な状況と本人が

認識出来てない時(大半は後者)は油断してていいのかー

答えはもちろん否ですね。

 どんな時でも気を引き締めてとりかかる事

自分の目の前や足元をよーく見る事。

無駄に全体を把握しようとしてキリキリ舞いするよりはノーポジにして

気分はリラックスしてた方がマシ。

身の回りや自分の事は自分できっちり出来るようにしましょうね。

ではでは明日のマーケットを楽しみにしましょう

コメント:0トラックバック:0Edit

sponsardlink

Copyright © バイナリーオプションとFXで稼ぐ副業 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます